大阪市の三和綜合法律事務所です 弁護士への法律相談、弁護の依頼、過払い金請求・債務整理などお気軽にご連絡下さい

トップページに戻る事務所概要取扱業務相談までの流れお問い合わせ
弁護士と司法書にの違い

過払い金について

過払い金とは、金融業者に払いすぎた利息のことをいいます
利息制限法では利息の上限が定められており、消費者金融は、年利29.2%まで貸し付けることができますが、上限を超える部分の利息は無効となり、「過払い金」となります。
多くの金融業者は、利息制限法の定めよりは高く出資法の定めよりは低い利息(グレーゾーン)でお金を貸しているのです。
払いすぎた利息を過払い金として取り戻せる可能性があるのです。



過払い金とは、金融業者に払いすぎた利息のことをいいます。
利息を払いすぎているかどうかはグレーゾーン金利に関係してきます。出資法の利率と利息制限法の利率の間の利息がグレーゾーンで、この 部分が払いすぎた利息、つまり、過払い金となります。
しかし出資法に違反すると罰則がありますが、利息制限法にはないのです。
つまり多くの金融業者は、利息制限法の定めよりは高く、出資法の定めよりは低い利息グレーゾーンでお金を貸している可能性があるのです。
事実、上限金利はほとんどの場合守られていません。 あなたの借金の利率はどうでしょうか?29%位ではないでしょうか?
消費者金融や金融業者、クレジット会社等の利息は利息制限法という法律に違反している場合があります。
利息制限法では、上限利率は以下の通りです。
■10万円未満の融資の場合 年利20%
■10万円以上100万円未満の融資の場合 年利18%
■100万円以上の融資の場合 年利15%

利息制限法による上限利率を超えている場合は、不当に取られていた利息分が元本へ充当されるので負債の額が減ることになります。 また、過払い請求することで、数百万の借金残金があると思っていた方が逆に借金残金よりも多く帰ってきたケースもあります。



返しても、返しても減らないのが借金です。
本当に減りません。もう何年も返していると思っていても数万円しか減ってない場合もあります。利息の返済だけでも大変なことです。

なぜ、このような事がおこるのか?それは金融業者の利息が高すぎるからです。

年利が25%~29.2%なんか当たり前です。

先にも述べましたが、利息制限法による上限利率を超えている場合がほとんどなのです。例えば、300万借りて、月に5万円を返していけば、いつ借金は無くなるのでしょうか? そうです。一生返せないのです。
なぜなら、返している金額より、発生する利息が大きいからです。元本が減らないのはこの理由です。

たかだか2割程度だと思っていると、痛い目を見ます。利息は恐ろしいのです。



過払い金の請求は、ご自身でも出来ますが、専門的知識をもった法律 問題のプロの弁護士や司法書士に頼んだ方が、安全で確実です。

利息を払い過ぎていると心あたりのある方は、お気軽に三和綜合法律事務所まで御連絡下さい。

借金は家計を圧迫するだけでなく、精神的にも圧迫するものです。
元本を払い終わった方でも、過払いが判明する場合もございます。 ひとりで悩まず、まずはご相談下さい。相談は完全無料です。

弁護士が解決いたします。 あなたのお力になります


HOME事務所概要取扱業務ご相談までの流れお問い合せリンク

〒540-0003
大阪市中央区森ノ宮中央2丁目5番11号
中城ビル 2F
Copyright(c) 2007-2011 Sanwa Synthesis Law Office All right reserved.
三和綜合法律事務所のホームページに掲載されている記事、写真、画像を無断転載・転用・引用を禁じます。